即書評

アーカイブ : 趣味

おいでよ、小豆島。:平野公子,島民のみなさん著【感想と要約】

おいでよ、小豆島。:平野公子,島民のみなさん著【感想と要約】

今日は【おいでよ、小豆島。】と言う平野公子さん,島民のみなさんが書いた書籍の紹介です。 この書籍は2016/1に発売された書籍です。 島暮らしをしてみたい願望がある私です。 ブロガーはそう言うのもネタにできるので良い職業だと感じています。 実際に住んでいる人からみた小豆島 本書は、実際に小豆島に移住した人のリアルな意見が書かれ...

瀬戸の島あるき:ROOTS BOOKS著【感想と要約】

瀬戸の島あるき:ROOTS BOOKS著【感想と要約】

今日は【瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島】と言うROOTS BOOKSさんが書いた書籍の紹介です。 この書籍は2013/3に発売された書籍です。 少し古いですが、Amazonでの評判が良いので読んでみました。 瀬戸の島あるきで主に紹介されている島々 本書で紹介されている主な瀬戸の島は下記の通りです。 小豆島 直島 豊島...

2018年のおすすめ書籍8冊【書評ブロガーより】

2018年のおすすめ書籍8冊【書評ブロガーより】

2018年は200冊くらいの書籍を読みました。 本記事で紹介する書籍は、本ブログに書評を書いた書籍たちです。 基本的に熟読をした書籍なので、数分で速読をし読んだことにした書籍は入っていません。 ※:順序不同 2018年のおすすめ書籍8冊 箇条書きにするとこんな感じです。 転職の思考法 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう:ストレン...

2018年買ってよかったもの【アラサー男子】

2018年買ってよかったもの【アラサー男子】

2018年ももう終わりですね。 と言うことで、アラサー、男の私が2018年に買ってよかったものを紹介します。(35歳がアラサーかどうかは一旦置いておいてください) おまけとして、2018年に買ってよくなかったもの、2019年に買ってみたいものも紹介します。 この記事の内容 2018年に買ってよかったもの 2018年に買ってよく...

おっさんがおっさんに体を触られた話

おっさんがおっさんに体を触られた話

公園のトイレでおっさん(俺氏35歳)がおっさん(多分60歳くらい)に体を触られると言うお話です。 注:この記事は、基本的におっさんしか出てきません。 私のお気に入りの公園 運動後に読書したり、歩きながら読書すると記憶に定着しやすい。 そんな情報を仕入れたものだから、休みの日は公園で歩きながら読書したり、運動後に読書したりしてい...

シングルバーナーでゾンベアーラーメン作ってみた

シングルバーナーでゾンベアーラーメン作ってみた

シングルバーナーでラーメンを作ってみました。 ちなみにジュニアバーナーの使用は初めてです。 本当は本格的な料理がしてみたいのですが、私は料理をしたことがありません。 いきなり本格的な料理はハードルが高いので、とりあえず茹でるだけのラーメンを作ってみました。 普通のラーメンを作っても面白くないと思ったので、青いラーメン:ゾンベア...

Amazonプライムの特典・メリット・デメリットを解説【2018年版】

Amazonプライムの特典・メリット・デメリットを解説【2018年版】

Amazonプライムは「Amazon」が公式で提供しているサービスです。 私も2年以上使っており、この記事もAmazonプライムの特典の一つのPrime musicを聴きながら書いています。 「こんだけのことができて月額325円とかコスパ良すぎるやろ!!」 と、言いたくなるサービスです。 (年間契約した場合は月額325円ですが...

本を開いたままにするブックホルダーの使用感

本を開いたままにするブックホルダーの使用感

断然、紙の本派の管理人です。 本を開いたままにするグッズ:ブックホルダーを買いましたので使用感をレビューします。 私が買ったのはこれです。(カラーはブルー) ブックホルダーを使うことにより、本を開いたままにできるので、引用がやりやすくなりました。 主に、本の内容をブログに引用する際に使用しています。 本を開いたままにできないと...

外来魚のレシピの感想:ティラピアだけ食べてみたい

外来魚のレシピの感想:ティラピアだけ食べてみたい

【外来魚のレシピ: 捕って、さばいて、食ってみた】は2014/9/12発売の平坂寛さんの著書です。 新しい趣味ほしいなー ↓ どうせ始めるならブログのネタになるやつがいいなー ↓ 釣りとかどうかなー ↓ 普通にバス釣りとかしてもライバル多そうやなー ↓ 外来魚釣りまくるのとかどうやろー、しかも食ったりしたらおもろいんちゃうん ...

【僕はなぜ小屋で暮らすようになったか】の感想

【僕はなぜ小屋で暮らすようになったか】の感想

【僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って】は2015/12/1発売の高村友也さんの著書です。 スポンサードリンク 著者の高村友也さんは東大卒みたいです。(詳しく書くと、東京大学哲学科を卒業し、慶應義塾大学院低学科博士課程単位取得退学、という経歴です) 京大卒のニートといい高学歴なのにエリートコースは進んでいな...

Return Top