転職

通信制大学に社会人として通う私が感じるメリット・デメリット

投稿日:

通信制大学で授業を受ける男性

この記事では社会人として通信制大学に通う私が感じる、通信制大学のメリット・デメリットを紹介します。

私の意見としては、
「あえて高額なお金を払ってまで、通信制大学に通う必要はないかな」
って感じです。

実際に通信制大学に通ってみた感じたのは、
「別に大学行かなくても学べることばっかりやん」
「図書館で関連書籍借りて勉強したらタダで学習できるやん」
ってことです。

とは言え、通信制大学を卒業することにより、大卒の資格が取れますので、図書館での独学とは単純には比較できません。

通信制大学を卒業することで学歴がアップグレードすることに魅力はありますが、過度な期待はしないほうが良いでしょう。

通信制大学とはその名の通り、通信教育で単位が取得できる大学です。
ただ、通信制とは言うものの、意外と通学が多い通信制大学もありますので注意が必要です。

私はソフトバンクが作ったサイバー大学に通っていますが、一切通学せずに卒業できます。
本当は武蔵野美術大学通信教育課程に通いたかったんですが、通学必須だったため断念しました。(ちなみにサイバー大学はITと起業を学ぶには良い通信制大学です)

資料請求は無料!サイバー大学の資料請求はこちら>>ソフトバンクのサイバー大学

それでは本題です。

通信制大学のメリット

寝室で大学の授業を受ける女性

通信制大学の最大のメリットは自分が授業を受けたいときに受けたいだけ受けられることです。(スクーリング授業は除く)

通信制大学メリット1:授業を受けたいときに受けられる

これは通信制大学でしか得られないメリットだと思います。
スクーリング不要の授業に限られますが、布団の上でもランニング中でも授業が受けられます。

主婦の方だと、家事をしながら授業を聞き流すことも可能です。
なので、この特徴をうまく使えば今まで無駄になっていた時間で賢くなれるし、単位もとれます。

つまり、隙間時間を有効に使いつつ生活ができると言うことです。

私は、移動中などに授業を聞き流しながら、
「そんなこと言われなくても知っているよ」
「そんな知識いつ使うんすか・・・」
「それって、机上の空論ですよね・・・」
って授業は適当に聞き流したままにして、興味の出た授業だけもう一度、家でしっかり見る。
みたいなスタイルが多かったです。

その授業をじっくり受けるべきか、そうでないかを見極めるために聞き流すのはかなりおすすめな受講スタイルです。

通信制大学メリット2:入学資格があればだれでも入学できる

サイバー大学の入学試験なんてあってないようなものでした。

何文字かのレポート(入学する理由)を提出するだけで入学できます。
高校卒業しているか大検があればだれでも受かると思います。

資料請求は無料!サイバー大学の資料請求はこちら>>ソフトバンクのサイバー大学

通信制大学メリット3:通学性の大学に比べて学費が安い

文部科学省 「私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」によると、私立大学(通学制)の初年度学費は合計で1,316,816円です。

これを基準に考えて、自分が受けたいと思っている通信制大学を比較してみましょう。

例えば、日本大学通信教育部の初年度学費は、138,500円程度ですから、圧倒的に安いのがわかるでしょう。

ちなみに私が通っているサイバー大学の場合は初年度は60万円程度でした。

通信制大学にしては高額な部類に入ると思いますが、通学制の大学に比べて圧倒的に安いですよね。

通学制の大学と違い、スクーリングのたびにお金がかかる通信制大学もありますので、単純に比較はできませんが、基本的に通信制の方が安価です。

資料請求は無料!サイバー大学の資料請求はこちら>>ソフトバンクのサイバー大学

通信制大学メリット4:通学制大学と同じ「学士」を取得できる

通信制大学は通学制大学より下にみられがちですが、通信制大学は、文部科学省に認可された正規の大学です。
なので、卒業すれば、もちろん学士の学位を得ることができます。

社会の評価はともかく、通学課程の卒業生と何ら変わらない学士の学位が取得できます。

通信制大学メリット5:お金を払ったので取り返してやろう!と思う

私が通うサイバー大学の場合は、1単位2万円くらいかかります。

なので、
「払ったお金は知識をつけてとりかえしてやる!!」
と思って学習する機会も多かったです。

ただこのモチベーションだけで卒業まで持つかは微妙でして、逆にストレスになることもあります。
お金を払うことで学業に対して強制力が芽生えるのは間違いないですが、使い方には注意しましょう。

通信制大学メリット6:大学施設が利用できる

大学の図書館が使えたり、ほかの企業とのタイアップでサービスが提供される場合があります。
大学によっていろいろな施設があるかと思いますので、気に入った施設があれば利用してみましょう。

通信制大学メリット7:学割が使える

通信制大学とて学生です。
なので学割が使えます。

私の場合ですと、AmazonStudentやadobeなどで受けていました。

ただし、海外の企業は年齢制限を設けていないところが多い印象ですが、国内の企業(例えばプログラミングスクールなど)は25歳までなど年齢制限を設けている場合が多いのであまり使えませんでしたがね・・・

通信制大学のデメリット

ここからはデメリットです。
モチベーション維持が難しいのが最大のデメリットです。

通信制大学デメリット1:モチベーション維持が難しい

授業を詰め込めば4年で卒業できます。

しかし、普通に働きながらだと、卒業までに6年ぐらいかかると思っておけばよいです。

今の時代、6年という期間は非常に長いです。

それでも通う価値があるか考えましょう。
大卒の資格はおまけており、知識を増やしたいと考えている人はとりあえず入学して、学びたいことがなくなったら退学するとかでもいいかもしれません。

通信制大学デメリット2:基本的に自習

基本的に自習なので、勉強するかしないかは自分で決める必要があります。

「体調が微妙だから明日やろう。。。」
「今週は忙しいから来週に授業を詰め込もう」
なんて思い出すと悪循環になります。

通信制大学デメリット3:通学制のように浸透していない

通学制のように浸透していないため、社会がどう評価していいか迷っている感じがあります。

また、通学制大学を卒業した人が、明らかに見下していると感じるときもあります。

ただ、
「働きながら大学とかすごいですね」
という評価もくれる人います。
学習意欲があるという証明にはなるのでそこは評価されると思います。

通信制大学デメリット4:スクールライフ、キャンパスライフ、横のつながりは期待できない

特に通学が全くない通信制大学はスクールライフ、キャンパスライフは皆無なので知り合いは増えません。

通信制大学のメリット・デメリットまとめ

別の記事で述べていますが、私は退学を検討しています。

退学検討中
カエレバやめたので代用サービスを紹介【ワードプレス限定】

いろんなブログで紹介されていたので盲目的にカエレバ・ヨメレバ使っていたんですが、今は【WPアソシエイトポストR2】を使っています。 カエレバ・ヨメレバはアフィリエイトを始めた当初から無料で使わせてもら ...

ただ、入学して損した!金返せとは思っていません。

SEとして働く中で、大学で学んだ知識も生きていますし、生物や心理学などの共用も増えました。
入学前にメリット・デメリットを比較しつつ、自分の生活スタイルで卒業できるか見極めてください。

この記事が参考になれば幸いです。
それでは!

こちらも合わせてどうぞ

おすすめ記事

-転職

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.