転職

大企業から中小企業に転職して感じること【入れるなら大企業が良い】

投稿日:

飛び出すエンジニア

大企業から中小企業に転職して感じることを書きます。

結論から言うと、入れるなら大企業に就職すべきです。

私の職歴
中小企業:従業員50人クラス(食品加工)

大企業:従業員5000人クラス(製造、流れ作業、生産管理)

中小企業:従業員300人クラス(顧客対応、エンジニア)

上記の流れです。

そんな私が、大企業で感じたことと、中小企業で感じたことを書いていきます。
あくまで個人の体験であり、全ての企業に当てはまるわけではないので、その辺りはご了承ください。

大企業で感じたこと

大企業で私が感じていたことを箇条書きにするとこんな感じです。

  • 超守られている感
  • 会社名を出せばうらやましがられる
  • 若いとリストラの対象にならない
  • めっちゃホワイト企業(ただし残業は多い)
  • 意外と、無能なやつがいる
  • 末端社員の歯車感
  • 退職金めっちゃもらえる

詳しくみていきます。

超守られている感

福利厚生半端ないですし、困ったことがあれば相談できる部署がありました。

超ホワイト企業です。
そういう面で不満を感じたことは一度もありませんでした。

残業が月100時間超えることはありましたが、それ以外のブラック要素は0です。

派遣期間も合わせるとトータルで7年くらい在籍してましたけど、サービス残業なんて1時間くらいです。

7年で1時間ですよ。ほぼ0と言っても良いくらいです。

ただし、課長以上は残業代出ないので、奴隷感はすごかったですけどね。

とはいえ、課長以上はめちゃめちゃ給料上がりますので、トレードオフかなと思います。

「あの企業で課長とかすげー」
ってオプションもつきますしね。

部長がボソッと、係長で残業しまくるのが一番給料と業務のバランスが取れていて良かったと言ってました。

会社名を出せばうらやましがられる

「どこで働いてるの?」
って聞かれて会社名を答えると、だいたい「すげー」「うらやましー」ってなります。

特に親世代(50歳以上)にはウケがよいです。

20代後半で大企業を退職しましたが、30代で大企業に勤めてるとかめっちゃモテると思います。

若いとリストラの対象にならない

一時期、経営がまぁまぁやばかったみたいで希望退職者を募っていました。

ただし、その対象はおっさん(もしくはおばはん)で、かつ子会社への再就職はあっせんしてくれるという保護っぷりでした。

若いだけで価値があるんだなぁー。
とその時思いました。

めっちゃホワイト企業(ただし残業は多い)

さっきも言いましたが、残業が多いこと以外はブラック要素0でした。

残業が多いのはブラックといえるかもしれませんが、断れるし、もちろん残業代は出ましたよ。

当時の私はノースキルだったので、年収を増やすには残業するか休みの日にバイトするくらいしかなかったため、進んで残業していました。

今はブログやアフィリエイト収入もあり、プログラミングスキルもあるので残業はしたくないですけどね。

関連記事
ブログ収入の始め方【初心者のために0から丁寧に解説】

ブログやサイト運営で月十数万円ほど稼げるようになりました。(少ない時は十万円いかないときもありますが・・・・) まだまだ未熟なブロガーですが、100万円以上稼ぐブロガーの情報と自身の経験を元に収入を得 ...

意外と、無能なやつがいる

なんか、大企業って有能じゃないと就職できなくて、大企業の社員は基本高学歴で有能な人ばかりと思われている節があります。

まじでそんなことないです。

大企業に運良く入れて、しがみついてるやつは結構います。

そう言うやつはまじで、死ぬほど無能です。
プライドも、学習意欲もないので成長しません。

ただただ、定年まで入れたらいいわ。
としか思っていません。

なので、ミスっても怒られても無傷です。

逆にそのメンタルを見習いたいですけどね。笑

今は日本が傾いているので、無能な社員はリストラとかあるかもしれませんが、景気が良かった時はそんな無能でも、毎日出勤してたらいいだけですからね。

守られまくってるのでクビになりません。

無理やり転勤させるとか窓際に追い込むとかも知っている限りではないですので、変な嫌がらせもないです。

中小企業だといつ潰れるかわからないし、給料も安いので、会社にしがみつこうと思っている人が少ない気がします。

中小企業の方が、スキル身に着けるとか副業するとかしている人が多い気がします。

末端社員の歯車感

大企業は人気ですし、働いている人も多いので、私(末端社員)の代わりなんて死ぬほどいます。

なので、人間と言うより、歯車です。

あと、末端社員は大きな決断をすることはまずないので、仕事をしていると言うより、作業をしていると言う感じでした。

退職金めっちゃもらえる

そもそも、大企業には派遣社員として入りました。

その後に正社員になったので、正社員としては4年くらい在籍していたことになります。

それでも、退職金を100万円近くもらいました。

普通に定年まで勤めたら千万円単位でもらえるそうです。

ちなみに今務めている会社は、何年勤めようが退職金なしです。

長く勤めるメリットはほぼありません。

中小企業で感じたこと

続いて中小企業で感じたことを箇条書きします。

  • 有能な人がいるっちゃいる
  • 給料が安い
  • 意外とホワイト企業だった
  • 成果を出せば簡単に出世できる
  • 社長との距離が近い
  • 意外と小回りが効かない
  • ノウハウが蓄積されていない
  • ちょっと成果出したくらいでいきってる勘違いヤローがいる

有能な人がいるっちゃいる

意外と大企業の末端社員よりは有能な人が多いなと感じました。

大企業の末端社員は作業だけど、中小企業の社員は仕事をしていると言った感じです。

ただ、ガチで優秀な人は、そもそも自分で事業すると思うので、そこまで有能かといえばそうでもないと思います。

いつどうなるかわからないって危機感は中小企業の社員のほうが強いので、副業や勉強をしている人が多い印象です。

また、そもそも給料安いし、保証もないので会社への忠誠心が低いです。

なので、とりあえず独立までの腰掛けみたいな感じできている人は中小企業の方が多そうな気がしています。

給料が安い

前の会社の半分くらいしか給料をもらえていません。

役職は前の会社より上なんですけどね。。。

ボーナスも少ないし、退職金は0円です。

よって、会社への忠誠心も0です。

意外とホワイト企業だった

今勤めている会社は家から近いIT企業と言う理由で選んだ会社です。

ちなみにハローワークで見つけた会社なのですけど、ハローワークに求人出してる会社なんてブラックばっかみたいな記事をたまに見ます。

前職ほどではありませんが、めっちゃホワイト企業ですよ。

ただし、ホワイト企業と言えばホワイト企業なんですけど、辞めさせたい人は窓際に追い込むとか、やめることが決定している人は給料の低い部署に異動させられるとか、社長に気に入られなければ降格とかは普通にあります。

ちなみに、ホワイトですが離職率めっちゃ高いです。

それは給料安いし、退職金もないからだと感じています。

中小企業でホワイトを謳うには、給料を犠牲にする必要がある気がしています。

成果出せば簡単に出世できる

大企業に比べて人が少ないのでポストがあいてます。

その上、離職率めっちゃ高いので、役職者の席がすぐにあきます。

また、末端社員と上層部と距離が近いので、成果を出せばすぐに上層部に情報が行きます。

大企業の場合は、末端社員には成果を出せる仕事が回ってくるチャンスも少ないし、成果を出しても上層部には届きません。

社長との距離が近い

「経営者ってこんな感じなのかー」
ってのがわかります。

ちなみに、今勤めている会社の社長は
「サイコパスってこういう人のこと言うんやなぁ」
って感じの人です。

ちなみに大企業に勤めていた時は社長の名前すら知りませんでした。笑
会ったこともほとんどありません。

「現場に偉そうなおっさんがおるけど、あれ、誰っすか?」
って上司に聞いたら
「あれ社長やでww」
と言われたのは良い思い出です。

その1回くらいですかね、実物の社長を見たのは。

意外と小回りが効かない

大企業病と言う言葉がありますが、中小企業でもそれに似た状況はあります。

わけわからん書類とか、ハンコを押す欄が5個くらいある書類とか、上司にはこうしなあかんとか普通にあります。

結構若い人が多い会社なんですけど、
「上司に対してその態度なんや!!」
とかいうやついます。

ちなみにそいつ30代なんですけど、こんなやつ30代でもいるんやぁと思いました。

ノウハウが蓄積されていない

大企業ってすでにノウハウができいて、歯車になって作業するだけみたいな感じでした。

しかし、中小企業にはノウハウが少ないため、末端社員でも歯車になることはできず、考えて動かないといけません。

割と、行き当たりばったりみたいな感じです。

大企業から転職すると、ここに面食らうやろなと思っています。

ちょっと成果出したくらいでいきってる勘違いヤローがいる

大企業で出世すること、独立や副業で稼ぐことに比べて、中小企業で成果を出すことはヌルゲーです。

でも、中小企業しか経験がない人ってそれがわかっていません。

なので、ちょっと成果出して出世したくらいでいきってる勘違いヤローがいます。

「お前のそのポジションってお前の実力ちゃうで」
って言ってやりたいんですけど、勘違いヤローには通じませんし、そもそも、私はそいつが大っ嫌いです。

転職回数が多いと履歴書書くのはめんどくさいんですけど、いろんな経験するのはいいなぁと思います。

大企業から中小企業に転職して感じること【入れるなら大企業が良い】:まとめ

どっちが圧倒的に良いとかはないですけど、一生続けるつもりなら大企業かなと思います。

安定感は半端ないです。

大企業とて潰れる可能性ありますが、中小企業も同じことですし、中小企業の方が潰れやすいでしょう。

入れるなら大企業にしておけば良いかなと思うわけです。

大企業から中小企業への転職は容易ですが、中小企業から大企業は難しいみたいな情報もあります。

私はできましたけどレアケースなのかな?

関連記事
仕事好き
派遣社員から大企業の正社員になった方法【高卒男子の実例】

私は、今の会社に転職する前はいわゆる大企業に勤めていました。 その大企業には、派遣社員として入社した私ですが、正社員として雇われることになったんです。 そんな高卒男子の私が、上場企業で派遣社員から正社 ...

「大企業で働いてました!」は田舎の中小企業にはかなりのブランディングになると思いますよ。

以上、そんな感じです。

こちらも合わせてどうぞ

-転職

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.