自己啓発

ドーパミンの出し方【簡単】

投稿日:2019年2月10日 更新日:

ビール 女性

ワクワク・ドキドキしている時はドーパミンが出ている場合が多いです。

なので、ワクワク・ドキドキを増やせば、ドーパミンが出る回数が増やせるわけです。

これが簡単なドーパミンの出し方です。

どういう時に自分がワクワク・ドキドキするのか考えたり、思い出したりして、それを日常に取り入れてみましょう。

そうするとドーパミンを簡単に出す回数を増やせます。

ドーパミンを分泌させるポイントを増やす具体的な方法

例えば、宝くじを買うという行為を例に考えると、ワクワクしてくるタイミングは2回あります。「宝くじを買ったとき」と「宝くじが当たったとき」です。
さらに言えば、実際に宝くじを買う前、「宝くじを買おうと」思った瞬間から、すでにワクワク感があるはずです。

脳を最適化すれば能力は2倍になるより引用

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

樺沢 紫苑
1,598円(09/21 18:03時点)
発売日: 2016/12/14
Amazonの情報を掲載しています

この引用で注目したいのは、計画(宝くじを買おうと思った時)、行動(宝くじを買った時)、目標達成(宝くじが当たった時)の三つのポイントでドーパミンが出ていることです。

何か行動する際は、行き当たりばったりで行動するのではなく、必ず計画してから行動することでドーパミンを出すポイントが増やせます。

目標達成できるかどうかは、努力や運次第ではありますが、何かを計画して行動することは自分の意思だけでできます。

計画→行動のプロセスをしっかりすれば、目標達成できなくとも、ドーパミンを出す回数が増えるわけですね。

なんとなく生活していたら、なんとなく幸運が転がり込んでくるのも、確かにうれしいことでしょう。ですが、それではドーパミンは出てきません。
自分でしっかりと目標を設定し、それに向かって努力したり、工夫したりする過程で、ドーパミンは分泌されるのです。その上で、目標そのものも達成できれば、そこでまたドーパミンが出てきます。

脳を最適化すれば能力は2倍になるより引用

子供の頃の方がワクワク・ドキドキすることが多かったと思いますが、それは当たり前で、遠足や部活の試合、友達と遊ぶ、好きな異性と席が近くなるなどなど、たくさんのイベントがありました。

これら全てのイベントがワクワク・ドキドキポイント、つまりドーパミンが出るポイントなんですよね。

大人になると、このポイントが減っていくように感じます。

なので、自身で積極的に計画を立てて行動する、その上で目標達成できたら最高!!
みたいな感じで、ドーパミンを出すポイントを増やしながら行動した方が良さそうですね。

そして、目標を達成をしたらさらに目標設定をすることでドーパミンの強化学習サイクルを回すことができます。

より困難な目標を設定した時にドーパミンは分泌され、モチベーションは高まります。
〜中略〜
「より困難な目標」を常に設定し続ける。これはドーパミンの強化学習のサイクルを回す秘訣であり、また人生の成功法則とも言えるでしょう。
あなたも目標が実現したら、すぐに次の目標を設定してください。現状に満足したら、ドーパミンは出なくなります。

脳を最適化すれば能力は2倍になるより引用

ドーパミン観点から見ると目標は長期や大きすぎるものではなく、短期で達成しやすいものにすると良い。

目標を確認することでもドーパミンは出ますので、繰り返し目標を確認するのも良い行動です。

スポンサーリンク

まだまだある、ドーパミンを増加させるポイント

紹介させていただいたプロセスの中でまだまだドーパミンを増加できるポイントはあります。

  • 目標達成した自分をイメージする
  • すべてのプロセスを楽しむ
  • 目標達成時にご褒美を与える
  • 運動をする

目標達成した自分をイメージすることでドーパミンが出る

目標達成した自分をイメージすることでもドーパミンが出ます。

しかし、これは賛否両論ありまして、目標達成した自分をイメージすると、すでに目標達成した気持ちになってしまい、目標達成が遠のくという意見もあります。
下手な妄想は目標達成を遠ざける可能性があるので注意が必要です。

とは言え、ドーパミン観点からみた場合はドーパミンが出ているわけですので良い行動と言えます。

夢想というのは場合によると危険な行為で、その危うさは実験でも指摘されている。
つまり、成功を「夢想」するのではなく「期待」した被験者のほうが行動を起こす確率が高かった。

良い習慣、悪い習慣より

関連記事
瞑想をする人
良い習慣を作る方法【実体験と有名著書を紹介】

私は、本業はSEなのでテクノロジー系の勉強をしています。 また副業では、日々ブログを更新しており、それについても勉強しています。 2018年は200冊以上の書籍を読みました。 運動も習慣的に行なってい ...

すべてのプロセスを楽しむことでドーパミンが出る

すべてのプロセスは楽しんですることでもドーパミンが出ます。

なので、できるだけ目標達成のプロセスを楽しめるように工夫しましょう。

目標達成時にご褒美を与えればドーパミンが出る

自身にご褒美を与えることでもドーパミンは出ます。

また、
「どんなご褒美にしようかなー??」
とご褒美について計画している段階でもドーパミンは出ますし、もちろん、実際にご褒美を与えている時にもドーパミンは出ます。

ご褒美がもらえる期待感、実際にご褒美がある。
この2箇所でドーパミン出るということです。

さらに美味しいものを食べることでもドーパミンが出ますので、ご褒美を食べ物にしてもいいかもしれません。

運動でもドーパミンは出る

今では、運動をした直後にドーパミンの分泌量が増えることがわかっている。運動を終えた数分後に分泌量が上がり、数時間はその状態が続く。そのため運動後には感覚が研ぎ澄まされ、集中力が高まり、心が穏やかになる。頭のなかがすっきりして、物事に難なく集中できるようになる。

これは一流の頭脳という書籍からの引用です。
身体に与える負荷が多いほど、ドーパミンの分泌量は上がるそうです。
なので、ウォーキングよりはランニングの方がドーパミンの分泌量は上がります。

一流の頭脳

一流の頭脳

アンダース・ハンセン
1,728円(09/22 05:58時点)
発売日: 2018/02/26
Amazonの情報を掲載しています

ドーパミンの出し方【簡単】:まとめ

以上になります。

ポイントをまとめると、下記のプロセスを繰り返すことでドーパミンが増やせます。

  1. 目標設定
  2. 目標達成をイメージ
  3. 目標を繰り返し確認しながら、楽しんで実行(ご褒美の計画も忘れずに!)
  4. 目標達成したらご褒美を与える
  5. 目標達成後に新たな目標を設定
  6. これを繰り返す

本文中にはドーパミンや目標達成に関連する本も一緒に紹介させてもらいました。

ドーパミンを分泌させる方法、ドーパミンを上げる方法、ドーパミンを増やす方法をお探しの方はぜひ手にとってみてください。

こちらも合わせてどうぞ

読書と運動は同時にすべしステッパーと読書は最強
おすすめ自己啓発書紹介「3か月」の使い方で人生は変わる(佐々木大輔著)
お得すぎて使わない理由がない!!Amazonプライムって何?って人に内容を紹介!

おすすめ記事

-自己啓発

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.