即書評

侍エンジニア塾を卒業したら社内SEになれた話

半年前に侍エンジニア塾を卒業しました。
コースはビジネスコース(6ヶ月コース)です。

正直なところ、6ヶ月間もモチベーションが続かず、途中で挫折がちになりました。
でも、今は受講してよかったと感じています。

卒業後数ヶ月で社内SEになれましたから。

侍エンジニア塾を受講した理由

  • オリジナルアプリを作りたい
  • フリーランスのエンジニアとして仕事をしたい
  • アフィリエイト・ブログのリスクヘッジとしてプログラミングで稼げるようになりたい
このような思いで、侍エンジニア塾を受講することにしました。(受講前の時点では、社内SEになりたいとは思っていませんでした)

まずは、受講前の思いがどれくらい達成できたかみていきましょう。

オリジナルアプリはできた?


受講期間内にオリジナルアプリの開発は成功しました。(今は、閉鎖していますが‥)

どのようなアプリかというと、ツイッターを利用して、簡単なアンケート・心理テストみたいことをすると、自分に合ったユーザーをマッチングしてくれるというものでした。

そもそも、会員が多くないと成り立たないサービスだったので、会員がいない状態が続き、あえなく閉鎖‥
やってみてわかったのですが、普通のサラリーマンをしながら、プログラム書いて、アプリの宣伝して、プログラム直して、新しいこと学んで‥
みたいなのはキツイ!勝手に一人ブラック企業でした。汗

フリーランスのエンジニアとして仕事はできた?


卒業の2週間前くらいにアプリができたのでそれをポートフォリオにして、クラウドワークス、ランサーズ等で案件を探しました。

3つくらい応募しましたが、どれも不採用です。
どの案件も私以外に3~5人の応募があり、私以外の方は実務経験のあるの方でした。

実務経験がある人はやはり強いです。
応募の時点で
「これは勝てないな」
と思いましたが、ダメ元で応募していました。

塾講師からのアドバイスはあった?

「私ならこういうプロフィールの人に頼む」
「私ならこのようなプロフィールを書く」
「この人のプロフィールはすごく良いのでリンク貼りますね!」
「このくらいの仕事なら今のスキルでできます。応募しましょう!」
などたくさんのアドバイスをもらいました。

確かにプロフィールはよくなりましたが、実務経験がない人がクラウドソーシングで仕事を取るのは難しいと思います。

当たり前に10~20くらいは応募する気持ちは必要だと思います。
私は、仕事を探すのに嫌気がさして辞めてしまいました。

アフィリエイト・ブログのリスクヘッジとしてプログラミングで稼げるようになった?


入塾前のイメージ通りに仕事が取れていないという意味では、プログラミングで稼げるようにはなっていません。

しかし、社内SEになれたのでそういう意味では稼げるようになっています。
元にいた部署より給料はめっちゃよくなりました。

エンジニアは不足していますから待遇もめっちゃよくなりました。

実務経験がなくても採用されるらしい

最近、もともと、webエンジニアをしていた人が入社してきました。

そこで質問したんですよね。
「実務経験が何年とか書いているけど、実務経験がない人って雇ってもらえないの?」
と。
「あくまで、俺の知ってる範囲だけど、雇ってもらえるで」
「さすがにPCさわれません!って奴は無理やけど、ちょっとHTMLができるくらいの奴も入ってくる」
「小さいところは本当に人材不足なのでポートフォリオあるなら、多分、受かると思うよ」
と言ってました。

ただ、そういうところは大抵、ブラック企業だからおすすめしないと付け加えていました。(土日出勤、会社に泊まるとか普通にあるようです)

あと、ブラックと言っても残業代はでるようになってきたので、それは良いといえば良いし、いやでもスキルは身につくので修行として働くのは良いかも。とも言っていました。

しかし、大切な何かが壊れていくので、若くないと無理。20代前半ならおすすめする。とのことでした。
若い人は飛び込んでみるのも良いかもしれません。

社内SEになれた話


ここで、ようやく本題です。

侍エンジニア塾受講中は、休憩中もパソコンでポチポチしてたので、
「また、ブログやってんの?」
「アフィリエイトどう?」
みたいなことをたまに聞かれてました。

そこで、
「最近はプログラムやってます」
と答えることが多くなったんですよね。

侍エンジニア塾受講中は、特にそれ以上の反応はなかったんですが、数ヶ月前に社内SEが3人くらい同時期に辞めました。

ちなみに辞めた理由は、給料が安いという理由です。(私のもともといた部署からするとめっちゃもらってるんですけど、他社もエンジニアは欲しいから、良い条件の仕事がたくさんあるようですね)

そこで私に声がかかったんです。
「プログラムできるならうちの部署にこない?」
と。

正直、実務経験がないから大丈夫かなぁ。と思いましたが、せっかくのチャンスなので部署異動を決意しました。(失敗しても副業の収入があるから、辞めたったらいいわ。っていう迷惑なノリなのは内緒です)

コードを書くモチベーションが下がっているなら資格取りませんか?

侍エンジニア塾受講中の後半は、はっきり言って挫折気味でした。
そんな時に
「コードを書くモチベーションが下がっているなら資格取りませんか?」
と提案されました。

そこで、基本情報処理技術者のサポートもしてもらいました。

結局、基本情報処理技術者は受験はしていませんが、
「web系ならこういう知識もあると良い」
「基本情報処理技術者のこの部分をやっとけばあとあと活きます」
など、プログラムを書くこと以外のことを教えてくれたんですよね。(基本情報処理技術者以外にもデータベースとかAWSなどのクラウドサービスについても教えていただきました)

正直、
「なんでそんなことやらなあかんの、めんどくセー」
とか思いながら内心イヤイヤやっていたのは内緒です。笑

実際に社内SEやってみた感想


「なんでそんなことやらなあかんの、めんどくセー」
と思いながら、侍エンジニア塾で学んだことが、ことごとく、全て活きています。

プログラムが読めることはもちろん、データベースや基本情報処理技術者試験、ネットワーク関連で学んだこと、どれも活きています。

やっぱ、先輩のアドバイスってすげーな。と思いました。

あと、社内SEはどんな会社でも求められることは同じようなことだと思うので、転職する際もどんなことをするかある程度イメージできるのも良いと思いました。(あと、一応納期はありますが、最悪間に合わなくても「すみませんでした、間に合いませんでした」と謝ったら済むのも社内SEの良いところ)

卒業してエンジニアになった今、思うこと

ある程度、プログラムができたら食いっぱぐれない。
と思いました。

アフィリエイトの延長でプログラミングやっていましたが、挫折というか飽きていました。
独学でやっていたらそこで終わっていたと思います。

独学でプログラムを学んだ人はわかると思いますが、初心者から抜け出すのが結構、難しいんですよね。

とにかくわからないことだらけなのでストレスで発狂しそうになります。(だから、独学でプログラムで食ってる人は尊敬しています)

侍エンジニア塾の受講を検討している人へアドバイス


侍エンジニア塾の最大の特徴は、カリキュラムが自由であるということだと思っています。

入塾前に事前の打ち合わせがあり、そこで自分がどうなりたいかを相談します。

  • 卒業後どうなりたいのか?
  • もし、それがダメだった場合はどうしたいのか?
  • 学習にどれくらい時間が取れるのか?
  • IT関連の前提知識がどれくらいあるのか?

最低でもこれらの答えは用意しておいてください。

明確に思いを伝えると、適切な対応をしてくれます。
経験、知識が豊富な優秀なエンジニアを当ててもらえたら、私のように途中でプランを変えることもできます。

侍エンジニア塾のメリット


私が感じたメリットの紹介です。

自由なカリキュラム

これが最大のメリットと言って良いでしょう。
「パイソン流行ってるらしいから、やってみたい」
「社内でPHP使ってるので、PHPを勉強して社内のエンジニアになりたい」
みたいなのでもありです。

完全オンライン

地方在住の私みたいな人間には嬉しいです。
パソコンとネット環境があれば大丈夫です。
その辺りのことは入塾前にしっかりサポートがありますので、安心してください。

講師がプロ

他のスクールを受講したことがありますが、そのスクールの卒業生が講師でしたし、カリキュラムが決まっているところが多いです。

カリキュラム以外のことは教えられないと言われたり、そもそも教えるスキルがない人もいます。

侍エンジニア塾の講師は現役のプロです。
教えるスキルがない人はいません。
もし、講師が合わない場合は変更してもらうことも可能です。

めんどくさいこともやる

趣味や独学でやっていたら、自分のやりたいこと、自分の思いつく範囲でしかできません。
実務経験がある人ならではのアドバイスは非常にありがたいです。

「今は必要性がわからないかもしれないけど、絶対に役に立つ」
「そこはやってたらわかってくるので今は置いておきましょう」
みたいな感じで言われていたことは、卒業後にかなり的を射ていたと感じます。

侍エンジニア塾のデメリット


もちろんデメリットもありますのでご紹介します。

オンラインが故に電波の状況で聞き取りにくいことも

基本的にスカイプでレッスンをやっていました。

なので、電波の状況では声が途切れることもありました。

もちろん、途切れた部分は言い直してくれたり、テキストで送ったりしてくれます。

「今日は、電波の影響でもたついたから延長しましょうか?」
という提案などもあり、交渉次第でマイナス部分は取り返せると感じました。

急にレッスン日が変わることもある

基本的に侍の講師を副業でやられているので、
「ちょっと本業が残業になってしまいました、日をずらしてもらえませんか?」
というのは何回かありました。

こちらも交渉や提案次第でなんとかなります。

スカイプの返信はあくまで講師のタイミング

レッスン日以外はテキストでのやりとりをします。
レッスン日以外でわからないこと、質問したいことがあればスカイプを使い、テキストでやりとりしていました。

相手にも予定があるので、自分が欲しい時に、欲しいタイミングで答えが返ってくるとは限りません。

今、出先なので家に返ったらじっくりコード読みます。
みたいなのは結構多かったです。
これは仕方ないですね。

答えを教えてくれない時がある

これは逆に優しさだと思うんですが、答えを教えて欲しいのに教えてくれない時がありました。
「それくらい自分で考えて、実務ではそのスキルも大事だから」
ってことだとは思うのですが、ウンウン悩んだ後に、これをやられるとちょっと、心が折れそうになる。笑

でも、本当に心が折れかけてるな?と察知してくれた時は答えを教えてくれましたので良かったです。

まとめ

侍の特徴をまとめると以下の通りです。

  • オリジナルカリキュラムで柔軟な対応
  • スキルのある講師が教えてくれる
  • 完全オンライン

受講前はちょっと高額だな。と思っていましたが、今は満足しています。

こんな人におすすめ

  • 地方在住でスクールに通いにくい方
  • 他のプログラミングスクールにぴったりなカリキュラムがない方
  • 途中でやりたいことが変わる可能性がある方

侍エンジニア塾の公式サイトで体験してみる

侍エンジニア塾の公式サイトで無料レッスンを体験できます!

▽侍エンジニア塾の公式サイトに行く
>>侍エンジニア塾の無料レッスンを体験してみる

こちらも合わせてどうぞ

初心者向け!!→収入を得られるブログの始め方
どのブログサービスか迷ったら→稼いでいるブログ【34選】使用ブログも紹介

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top