ゲーム

見下ろし型のアクションゲームならHow to Survive

投稿日:2018年9月17日 更新日:

見下ろし型アクションゲーム:How to Survive(ハウトゥーサヴァイブ)のご紹介です。

だいたい15時間くらいで全クリできました。
トータルで30時間くらいプレイしており、3回くらい全クリしました。

シンプルで、高機能すぎない見下ろし型アクションゲームをお探しの方には特におすすめしたいゲームです。

見下ろし型アクションゲーム:How to Surviveの魅力


見下ろし型アクションゲーム:How to Surviveの魅力を4つご紹介します。

  • How to Surviveの魅力1:程よい難易度
  • How to Surviveの魅力2:ユーモアのセンス抜群
  • How to Surviveの魅力3:程よいリアルさ
  • How to Surviveの魅力4:ストーリーが単純

How to Surviveの魅力1:程よい難易度


プレイヤーが死にすぎず、死ななさすぎずな難易度です。

武器も徐々に増えていきます。

最初は木でゾンビを殴るんですが、弓矢・鉄砲のような飛び道具も出てきます。

武器がパワーアップするとゾンビもパワーアップします。

近距離武器では危険なソンビや、銃が効きにくいゾンビなど出てきますので、「飛び道具あったら無敵やん」みたいなイージーなことにはなりません。

How to Surviveの魅力2:ユーモアのセンス抜群


英語圏特有の皮肉が効いたユーモアがあり、洋画が好きな人は楽しめると思います。

それでいて、完全日本語対応なのも嬉しいポイントです。
日本語におかしい部分もありませんでしたので完全日本語対応と言って良いです。

完全日本語対応の見下ろし型アクションゲームをお探しならHow to Surviveはかなりおすすめです。

How to Surviveの魅力3:程よいリアルさ


最近のゲームって本物と見間違うほどのゲームもありますが、操作とかもリアルにしすぎて、慣れるまでに時間・労力がかかるんですよね‥

あと、リアルすぎて酔ってしまうという人もちらほら。

How to Surviveは、見下ろし型で程よいリアルさなので、酔ってしまうこともなく、操作にもすぐに慣れるはずです。

シリーズ化してアップしている実況動画がありますので、購入に迷われているのであれば一度ご覧ください。

How to Surviveの魅力4:ストーリーが単純


ミッションがあって、それを達成したら、また次のミッションみたいな感じでストーリーが進みます。

また、レベルがあったり、道具を拾ったりするのでRPG的な要素もあります。

朝夜がある、腹減る、喉乾く、疲労がたまるなどのサバイバル要素もあります。

あと、チュートリアルの要素も本編に含まれているので、ゲームを進めて行くとやり方がだんだんとわかっていき、上達もします。

How to Survive微妙なところ

定価が1500円くらいなんですが、1500円の価値があるかと言われると微妙です。

安売りの時に買いましょう。

あと、macではできないのでmacユーザーには優しくないですね。

見下ろし型のアクションゲームならHow to Survive:まとめ

How to Surviveは、700円くらいの価値かなー。と個人的には思っています。

安売りを狙って買いましょう!

こちらも合わせてどうぞ

SteamとAppStoreのゲームを紹介Macのおすすめゲームまとめ【2019年】
お得すぎて使わない理由がない!!Amazonプライムのメリット・デメリット

-ゲーム

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.