即書評

ゼロ秒思考の感想:1日10ページのメモ書きを習慣化したい

【ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング】(以下、ゼロ秒思考)は2013/12/20発売の赤羽雄二さんの著書です。

ゼロ秒思考の感想・ポイント


今更ですが、ゼロ秒思考を読みました。

基本的には著者流のメモについて書かれた書籍です。

メモの具体的な書き方や効果を記事にしたいと思ったのですが、さすがにそれは著者に怒られると思うのでやめておきます。(まぁ、ざっくり言うと「A4の紙にメモをしてね。まずはタイトル書きましょう。で、その下に内容を3~4行書いてください」って感じです)

本書の効果

本書を読み終え、1日10ページのメモ書きを始められた人には、ウェイトトレーニング的な効果を数週間で実感してもらえる。
このトレーニングの結果、飛躍的に頭が整理され、的確な言葉使いができるようになる。トレーニング次第で誰でもだ。

ゼロ秒思考より

ゼロ秒思考には何と言ってもメモが大切です。

どのようなタイトルでどのような紙にどれくらい書けば良いかが書かれています。
具体例もあるので、参考になるはずです。

成長したければ頭を使おう

頭を使わない状況で成長することはない。考えて物事を整理し、問題点を解決していかなければ、気持ちも晴れることがない。やる気もだんだん低下し、仕事も面白くなくなり、結果も出にくくなっていく。そういった状況にいるとしたら、すぐにも自分を解き放たなくてはならない。

ゼロ秒思考より

「頭使いたくねー。めんどーなことしたくねー」
ってことばかり、仕事中に思っているから、仕事って面白くないのかな〜。と最近少し思います。

つまらない仕事の中にも何かを達成した喜びなどはあるはずですから、そちらに目を向けないともったいないですよね。

私は社内SEとして新しい部署に配属されたばかりなので、いやでも頭を使うし、知らないことの連続です。

イヤでも努力・勉強は必要になってきます。
これらの努力・勉強をだるいと思うのではなく、成長している自分に目を向けてみようと思いました。

ゼロ秒思考の感想まとめ


1日10ページのメモを習慣化するのは難しいですが、何事もやってみないと始まりません。
日々の習慣に加えてみます。

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top