即書評

おっさんがおっさんに体を触られた話

公園のトイレでおっさん(俺氏35歳)がおっさん(多分60歳くらい)に体を触られると言うお話です。
注:この記事は、基本的におっさんしか出てきません。

私のお気に入りの公園


運動後に読書したり、歩きながら読書すると記憶に定着しやすい。

そんな情報を仕入れたものだから、休みの日は公園で歩きながら読書したり、運動後に読書したりしていました。

ただ、人の多い公園でこれをすると集中できないし、
「あのおっさんなにしとんねん、落ち着きないのー!w」
とか思われそうなので、人が少ない公園をピックアップし、取り組んでいました。

で、そんな中、良さげな公園を見つけました。

その公園は、静かで、自然も豊か。
掃除のおばちゃんとかもよく見かける綺麗な公園です。
しかも、水道やトイレなども完備されています。

「こんな場所がタダで使えるのか!!!」
と最初に見つけた時はテンション上がりました。(しかし、今思えば、こんな綺麗な公園に人が少ないのはそれなりの理由があったんですね。。。)

読書開始


で、いつものように読書を開始しました。

そうしたら知らないおっさんが
「前も来てたね」
と、声をかけてきました。見た目は普通のおっさんやし、喋り方も普通でした。

「静かで好きなんです、この公園。。」
と返答した私ですが、内心は
「前も来てたねだぁ??は?だれやねんこいつ。まぁ、定年退職した暇なおっさんなんやろなー、はよどっか行けや」
と言う気持ちでした。

そこですかさずおっさんがニタニタしながら
「ここは変な男が多いんだよ、知ってる?」
と言ってきたのです。

私は
「知りません、そーなんですか」
と、愛想笑いし、返答しましたが、ここでも心の中はもちろん
「いや、お前が変な男やろwwまぁ、定年退職した暇なおっさんなんやろなー、はよどっか行けや」
と、思っていたわけです。(まぁ、俺も変なおっさんか・・・・)

でおっさんが、食い気味で
「そう言うの、興味ある?」
と言ってきました。

「ないです」
と、言葉の意味も考えずにとっさに返答しましたが、
「え?そう言うのってなに?薬物とかそう言うの売りにくる人??」
と若干警戒しました。

しかし、最終的には
「まぁ、定年退職した暇なおっさんなんやろなー、はよどっか行けや」
と心の中で締めくくります。

その後も
「なんの本読んでんの?」
とか
「寒いねー」
とか言ってきましたが

やはり、最終的には
「まぁ、定年退職した暇なおっさんなんやろなー、はよどっか行けや」
と締めくくる私。

そうこうしてるうちに
「ほな帰るわー、またねー」
と。

「ここで暇なおっさんやっと空気読みよったわ」
と心の中でガッツポーズ。

一時間後トイレに行くと・・・・


で、1時間くらい読書し、トイレに行って帰ろうとしたら、なんとそのおっさんがトイレにいたんです!!!!

帰ると言っていたのに帰ってない時点で、
「こいつ、どんだけ暇やねんwwwwwwww」
と、吹き出しかけましたが、まぁ、暇やろうが、忙しかろうが小便くらいするわな。
と冷静を装い、小便をしていたんです。

おっさん小便してなくない??

明らかにおっさんの小便音が止まったのにずっと、私の横にいる。(女子にはわかりにくいかもしれませんが、上の画像にあるように男子は小便と大便が分かれており、小便の方には基本的に仕切りはないのです。後、音も気にしません)

そして、どーみても俺のアレを見ている!!!!!
「え?こいつなんなん?!やばいやつ?」
と、さすがに警戒しました。

その後、さっと腰あたりに触れてきたんです!!!
「なんしとんねん、おっさん」
と私が言うと
「あ、違うんか?」
と、捨て台詞をはき、おっさんは去っていきました・・・

「あ、違うんか?ってなに?!」
と思いましたが、まだ私は小の便を出している途中だったので、とりあえず出し終わってトイレを出たんですが、

そのおっさんはもういなかった。。。

調べてみた


あとで調べてみると、そこはゲイが集まるところらしいです。(発展場と言うらしいですが、その世界の知識は全くないので悪しからず)

私をゲイだと勘違いしたようです。

後から思えば、その公園は、そのおっさんじゃないおっさんが俺の後をずっとついてくることとかもありました。

その時は
「人の後をつけると言う、独自の遊びをしてるんやろなー。まぁ、定年退職した暇なおっさんなんやろなー」
とか思ったんやけど、今考えると普通に怪しいですよね。。

まとめ

新しい、公園などの公共のスポットを開拓する場合は、ググって、そこにいわくがないか調べてからにした方が良いと思いました。

後、なんでもかんでも
「こいつ暇なんやろな」
と、締めくくるのはやめにします。笑

とりあえず警察に被害届は出しときましたが、
「自業自得だね、勘違いさせたあなたにも多少非がある」
と言う感じでした。

後、この公園もそう言う被害があるとかも教えてもらいました。

今思えば、即、警察に突き出すのがよかったのかもしれませんが、とっさに触られたりすると唖然としますね・・・・
女性が痴漢をされても助けを呼べない。みたいなのを聞いたことがありますが、その気持ちが少しわかりました。

怖いとか恥ずかしいとかって言うより、唖然としてしまうのです。
思考停止と言う表現が一番あっているかもしれません。

後から考えると、なんか腹たってきて、顔の一発や二発殴ってもよかったかな(あかんあかん)と思ったわけですが、それをしたらその犯罪者と同じな訳で。。

性のなんたらとか出会いのなんたらは自由だと思いますが、静かで綺麗な公共の施設を使って、
「興味がない」
と言ってる私につきまとうのはどうかと思うんですよ。

もう、その公園には二度と近づきませんが、すごく綺麗な公園、かつ自然豊かなのでもったいないなーと思うわけです。

とりあえず、さっきも言いましたが、なんでもかんでも
「こいつ暇なんやろな」
と、締めくくるのはやめにします。笑

本を読むより、いい勉強になりました。
チャンチャン。。

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top