即書評

0円で空き家をもらって東京脱出!の感想【ちょっとネタバレ】:尾道への移住を検討されている方はぜひ

【0円で空き家をもらって東京脱出!】は2014/8/20発売のつるけんたろうさんの著書です。

一巻完結の漫画です。

0円で空き家をもらって東京脱出!の感想・ポイント


私はそもそも田舎に住んでいますが、海沿いや山奥に移住してみたいと言う願望はあります。

この漫画は、ざっくり言うと、0円の古民家を改修したり、ちょっとした商いをしたりしてみんなで尾道を盛り上げていく言う内容です。

もうちょい詳しく言うと、貧乏漫画家のつるけんたろうさんが広島県の尾道の空き家を0円で譲渡してもらい移住するところから始まります。

移住開始後は、家のリフォームや、尾道再生プロジェクトなどに関わりながら、新しい趣味の剣玉に目覚めたり、漫画の講師をしたり、腰をいわしたり、卓球&漫画図書室をオープンしたり、ドミトリーの店長になったり、していきます。

私は正直、一人で静かに暮らしたいタイプなのでこう言う移住にはあまり憧れませんが、田舎に私みたいなのが入ると村八分とかなりそうやなーと思ってしまいました。

0円で空き家をもらって東京脱出!の感想まとめ

売れない漫画家が漫画を書くこと以外の何かをしてお金も稼いでいます。

半農半Xみたいな感じでしょうか。
何か手に職や、不労所得があればこう言う生活を送り、ゆったりと人生を楽しむこともできると思いました。

私はアフィリエイトや電子書籍で小遣い強ほどの収入がありますので、もっと自由に生きてもいいのかな。とも思わせてくれる漫画です。

つくづく、ブログやアフィリエイト、動画などコンテンツを作っている人って強いとも感じました。

ブログやアフィリエイトを始めるならこの記事をまとめているのでぜひ見てください。

【初心者向け】収入を得られるブログの始め方

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top