即書評

【書評】鶴見済「0円で生きる」

今日は【0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方】と言う鶴見済さんが書いた書籍の紹介です。
この書籍は2017年12月に発売された書籍です。(このブログの内容を動画で見たい方はこちら>>

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方

鶴見 済
1,404円(12/16 03:29時点)
発売日: 2017/12/18
Amazonの情報を掲載しています

まずはアマゾンの商品説明を見てみましょう。

お金に依存するのはもう止めた! すべて無料で暮らすための「カネ無し生活」マニュアル。
たとえ失業したって怖くない。
対価なしに不要品を貰う、余っているものをシェアする、まだ使えるものを拾う、元手ゼロで稼ぐ、無料の公共サービスを利用する、自分で栽培した作物を食すなど、収入が激減しても豊かに暮らしていけるノウハウが満載。
お金のかからない生活を実践する著者が、新しい「幸福の形」を教えます。

「たとえ失業したって怖くない。」
って言葉がありますけども、そこにちょっと引っかかりますね。

本書を読み終えての感想ですが、正直、そこまでのインパクトがある書籍ではなかったです。

また、書籍内にはこんなことが書かれています。

本書では無料でできる様々なことを紹介している。
貰ったり、共有したり、ゴミを拾ったり、行政サービスを利用したり、自然界から採ってきたり、無料でできることは、よく見てみれば身のまわりに溢れかえっている。

【0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方】より

この溢れかえっているものを利用すれば0円で生活できますよ。
的なことが書かれていますが、書かれていること全てを実践することは難しいですし、実践したからといって0円で生活できるかは微妙なところです。

ちょっとタイトル詐欺みたいなところも否めない書籍ですが、
「0円できることは意外に多い、それらを紹介するので、興味があったらやってみてね」
ってスタンスでもあるので、それを理解して読めば満足できる書籍かと思います。

【0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方】の構成

  • 貰う
  • 共有する
  • 拾う
  • 稼ぐ
  • 助け合う
  • 行政から貰う
  • 自然界から貰う

という枠組みで章立てられていて、0円(もしくはそれに近い)でこれらを実践する方法を紹介しています。
その中のどれか一つでも実践できれば、0円生活に近づくと言うことです。

なので、節約や、新しいお金のかからない趣味などを見つけることができます。

個人的に気になったところ、実践したいこと


ここからは、個人的に気になったところで、やってみようと思ったところを引用しながら紹介します。

農場をつなぐサービスwwoof

農場をつなぐサービスwwoofと言うのが紹介されていました。

ちなみにwwoofとは、公式から引用すると

有機農家であるホストと、日本全国・世界各国のウーファーをつないでいます。WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。
ホストとウーファーはお金のやり取りはしません。「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換します。

見返りは経験・食事・宿泊施設で提供するのは時間と労働力と言うことですね。

私は、転職を考えていた時に農場に職業体験兼手伝いに行ったことがあります。

正直、かなり重労働で、仕事にはしたくないと感じました。

ただ、良い部分もあり、筋トレにはなるし、日光浴びて気持ちいいし、清々しい気持ちになります。
ちなみに私は本職ではSE、副業ではブログ・アフィリエイトなどをしています。

これらは基本的にPCの作業なので、運動不足になりがちです。
なので週に1度くらいは農業で体を使うのも良いかなと感じています。

なので、こう言うサービスを利用して、農業に取り組むのもいいかなと感じました。

基本的には宿泊施設は提供してくれるようなので、手伝いして、次の日は観光、みたいなこともありかもしれません。
全国で募集があるので、転々とするのも良いかもしれません。

生きていくためには基本的に住む場所・食事にお金がかかる訳で、wwoofを利用すればそれらは0円で済むわけです。

農業の手伝いがない時には、ブログなどどこでもできることでコンテンツを作成して数万円稼ぐと言うスタンスもありかと思います。

数万円ならブログやその他の方法で稼ぐことはそんなに難しくありませんからね。
最悪、就職したくなってもこれだけ農業やってたらどっかの農家に就職できそうですよね。

あとちなみにwwoofに関する書籍も出版されているようなので、紹介しておきます。
私も機会があれば読んでみます。

旅とオーガニックと幸せと: WWOOF農家とウーファーたち

旅とオーガニックと幸せと: WWOOF農家とウーファーたち

星野 紀代子
1,944円(12/16 03:29時点)
発売日: 2016/08/04
Amazonの情報を掲載しています

職業訓練


次は職業訓練の紹介です。

以前の会社を退職してから、今の会社に入る前に職業訓練を受けました。

私が受講したのは雇用保険関連のやつで、正式名称は公共職業訓練と言います。

ちなみに、私の場合は半年間、サラリーマンとして働いていた時の8割くらいのお金をもらって職業訓練に通うと言うものだったと記憶しています。

本書で紹介されている職業訓練は職業訓練受講給付金と言うものです。

条件は少し厳しいですが、ざっくり言うと、月収8万円以下で、家を持っていない、家族と同居していない場合は受講できそうです。

条件の詳細を引用しますと、

1.本人収入が月8万円以下(※1)
2.世帯全体の収入が月25万円以下(※1、2)
3.世帯全体の金融資産が300万円以下(※2)
4.現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
5.全ての訓練実施日に出席している(※3)
(やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上(※4)の出席率がある)
6.世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない(※2)
7.過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

その場しのぎ感はありますが、いざという時に覚えておいて損はないでしょう。

ブログやyoutubeで小銭を稼ぎながら職業訓練とかもありかもしれませんね。
稼ぎすぎた場合は経費として使ってしまえば月収8万円と言うことにできますしね。

まとめ


こんな感じで、実践できそうなことをちょろちょろと紹介している書籍です。

なので、こう言う人におすすめです。

  • お金を使わずに楽しみたい人
  • 出費を減らしたい人
  • 何か新しいことを試したい(できればお金をかけずに)人

と言うことで今日は【0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方】と言う書籍を紹介させていただきました。

動画もアップしています

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top