プログラミング

社内SEになった私の後悔は4つ【対策あり】

投稿日:2018年12月26日 更新日:

社内SEを目指しているけど、実際になった人の後悔を知りたい。

SEはブラックが多いとか、逆に社内ニート的な感じで楽な仕事だとかいろんな情報があるが果たして?

本記事はこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 社内SEになった私の後悔は4つ(対策あり)
  • 社内SEの最高なところ
  • 社内SEのよくある後悔

この記事を書いている私は、社内SEになって4ヶ月ほどです。

期間は短いですが、同じ会社の別の部署でプログラムを書いていたりしていました。

また、SEの部署とも近しい環境にあったので、期間以上に社内SEには詳しいと思います。

ちなみに私は、超ホワイト企業で社内ニートになりつつあるSEです。笑

あと、隣の席にいるSEは超ブラックから転職してきたSEです。

こういう背景の私が、社内SEの後悔というテーマで、本音で記事を書きます。

記事の最後に私が社内SEになるために利用したサービスも紹介しますので、よかったらご覧ください。

社内SEになった私の後悔は4つです

後悔していることを箇条書きしました。

  • わからないことが多い
  • 成長したいなら勉強し続ける必要がある
  • システムがトラブったら最悪
  • 社内ニート化しそう

詳しく見ていきましょう。

わからないことが多い

眉間をつまむ女性

社内SEになって4ヶ月なので、わからないことだらけ。
と言う当たり前の話はもちろんなんですが、新しいシステムを導入する場合もわからないことだらけになります。

しかも、新しいシステムの導入は新人だろうが、ベテランだろうがわからないことだらけの状態です。

一生、これを続けることになります。

ただ、ベテランSEは経験があるので
「多分、こうだろう」
「この設定方法は前やったあれに似ているな!」
みたいな引き出しが多いので解決は早い印象です。

わからないことだらけの状態はストレスがたまります。

わからないことがあっても、継続してやる仕事なら覚える気は出るのですが、単発の仕事だと覚えてもなんの特にもならないし、社内でしか通用しない技術・スキルとかだとさらにやる気ないです。

で、忘れた頃に
「あれの設定をやり直して」
みたいなこともよくあります。

あと、社内SEになる前はコーディングが主な仕事だと思っていたのですが、何でも屋、便利屋と言った感じです。

社内SEのストレス【超ホワイト企業だけど5つもある】

↑の記事でも少し書きましたが、パソコンの設定やネットワークに繋げられる機器の設定は、基本的にうちの部署に依頼がきます。

私は、このあたりには最強に興味がないので、避けたい仕事です。
何でも屋、便利屋にはよくわからない仕事がどんどんと依頼されます。

「わからないことだらけ」への対処法

暇なときに勉強することです。

自分の抱えている案件が終わって暇になる時があります。
新しい案件に手を出すのも良いですが、勉強に当てています。

「勉強なんて家でやれ!」
みたいな人もいますが、そう言う人は無視です。
気持ちはわからなくはないですが、お金をもらいながら楽にスキルをあげることが私の目標なので、無視をします。

ただし、その会社で出世したいとか上司に評価されたいって場合は案件をどんどんこなすのも良いかと思います。(周りを見ていると勝手に個人ブラック化するのでおすすめしませんが)

成長するなら勉強し続ける必要がある

PCの前で眉間を押さえる男性

上記と似ていますが、新しい技術、新しい分野、新しい資格など勉強し続ける必要があります。

うちの会社には変に真面目な人が多く、休日にも勉強をしている人も多いです。

私は基本的に勤務時間内に勉強していますが、それでは休日も勉強している人には追いつけません。

「成長するなら勉強し続ける必要がある」への対処法

興味があることは勉強すると言うことです。

当たり前ですが、興味があることは勉強しやすいです。

副業と絡めるのもかなりおすすめです。

副業は勤務時間外にやるものです。

つまり、副業と絡めることで、勤務時間外にも勉強できてしまいます。

また、得意なことをアピールし、上司に得意なことを把握してもらうのも重要です。

そうすると、得意な仕事をふってもらえるようになります。

また、得意な仕事で忙しいのが周りの人にもわかるので、変な仕事が入って来にくくなります。

こうすると得意なことだけ勉強していればいい循環になりやすいので成長を続けられます。

システムがトラブったら最悪

限界を超えたエンジニア

うちの会社は超ホワイト企業ですが、それでもシステムがトラブったら夜中、休日に出勤する場合があります。

超ホワイトなのでその後のサポートは期待できますが、いつ呼び出されるかわからない状況って精神的にだるいですよね。

「システムがトラブったら最悪」への対処法

責任がある立場まで出世しないことです。

「あ、これは俺しかわからないから俺が行かなければ」
って状態にならなければ、私より責任のある他の人が休日出勤してくれます。

こう言う「あ、これは俺しかわからないから俺が行かなければ」って言う状態になりやすいのは中途半端出世している人です。

トラブルに呼び出されるのが嫌なら、基本的に出世を狙わず上司になすりつけましょう。

上司に悪いとか思う必要ないです。
なぜなら、上司の方が多くのお金をもらっているわけですから堂々となすりつけましょう。

社内ニート化しそう

飛び出すエンジニア

仕事に慣れてくると、仕事が忙しいふりを覚えます。

また、スキルがある、得意なことだと他人が3時間かかることでも30分で終わったりします。

じゃぁ、2時間30分はサボろうとなります。

でも、社内ニートならわかると思いますが、サボるのにも気力と根気がいるんですよね。

「社内ニート化しそう」への対処法

良いサボり方を見つけることです。

私は短時間仕事して、短時間サボるってスタイルを身につけました。

人によっては、一気にサボるタイプの人もいますので自分にあったサボり方を見つけるのが重要です。

社内SEの最高なところ

もちろん後悔だけでなく、良いところもあります。

  • 会社の金でスキルアップできる
  • 副業とかぶる部分があれば最高
  • 潰しが効く

会社の金でスキルアップできる

スーパーサラリーマン

これはでかいです。

趣味でコーディングとかしている時は、できなければ諦めますが、仕事では無理矢理にでもやらないといけません。
なので、いやでもスキルアップします。しかも、お金をもらいながら。

また、上司(経験がある人)に質問できる環境にあるのも素晴らしいと思います。

副業とかぶる部分があれば最高

これは本当に最高です。

この副業と本業がかぶっている部分を伸ばせば、本業、副業どちらにも良い影響がありますからね。

潰しが効く

世の中にはSEは不足しています。
なので、スキルが証明できれば転職も容易です。

つまり、潰しが効くと言うことですね。

求人票とかみると、「Javaを用いた実務経験3年以上」とか書いてありますからね。
3年くらいいたら、それだけで面接が受けやすくなります。

補足

「Javaを用いた実務経験3年以上」
とか書いてあった場合でも、面接を受けたら受かる場合もあるらしいです。

web業界から転職してきた人の話によると、実務経験3年以上とか書いてあっても、実務経験がない人も面接にくるらしいです。

しかも、採用される場合もあるようで、HTMLも書けない人が入ってくることも何回かあったとのことでした。

それぐらいエンジニアは人手不足と言うことです。

社内SEのよくある後悔

これらは社内のブラック転職組に聞いた話です。

  • いきなり設計からやらされる
  • 上司がクソやったら終わり
  • どう考えても定時では終わらない仕事量

いきなり設計からやらされる

ブラック企業の場合は、右も左もわからない状態でいきなり設計からやらされたりするそうです。
これはきついですよね。

上司がクソやったら終わり

有給申請したら、「みんな休まず仕事してるのにお前だけ休むのか?」と言われたそうです。

まぁ、こんなクソ上司は法律でなんとでもなりそうですが、みんなとか言われるとなぁ。。って感じだったそうです。

とはいえ、これは社内SEに限った話ではありませんよね。

どう考えても定時では終わらない仕事量

残業、休日出勤当たり前の仕事量を振られる場合もあるようです。

週末に仕事が終わっていなければ平気で「土日があるやん」と言われる場合もあるとか。

社内SEの場合はあくまで社内システムを構築するわけですから、社外のサービスを作るエンジニアよりは納期がゆるいですが、ブラックだとこう言う感じだそうです。

私の会社は、納期に間に合わなくても謝れば済む場合も多いです。(内緒)

補足:ブラック企業にもいいこともある

ブラック企業は長時間無理矢理にでも働かされるわけです。

逆に言うと、長時間仕事をするわけなのでスキルはめっちゃ身につきます。

ただ、スキルと引き換えに、人間としての大切な何かを失うとのことでした(健康とか)

また、退職する場合の退職理由を会社都合にしやすいのも魅力です。

残業時間が何時間以上は会社都合にできるとかありますので確認してみてください。

これはハローワークで教えてくれるみたいです。

以前勤めていた会社はブラックではないのですが、繁忙期の残業が半端なかったです。

やめた原因はそれではないのですが、よくよく聞いてみると、私の退職理由も会社都合にできたので、自己都合にしたことを後悔しています。
情弱って辛いですよね。

まずはトライして、ダメなら転職したらいい

エンジニアは人材不足で、今後も続くと思います。

うちの会社もエンジニアを募集し続けていますが、全然、応募はありません。(給料激安、田舎、斜陽業界であることが原因と考えています)

社内SEとして働き、得たスキルは転職に有利です。

実務経験があることはでかいです。

あと、今の時代、どんな会社でもITを使っていないところは少ないと思います。

なので、簡単なソフトの自動化(エクセルで言うとマクロとか)ができると重宝されます。

社内SEなら簡単なソフトの自動化なんて朝飯前ですよね。

また、社内SEとして働き、得たスキルは、フリーランスで稼ぐ場合も活きやすいようですのでそちらを目指すのもいいかもしれません。

私の周りでプログラムやSEの知識を学んで後悔している人は見たことがありません。
興味を持ったらやるべきです。

今の時代は恵まれており、プログラミングやネットワークなど学びやすい環境もあります。

私はプログラミングスクールを利用し、プログラムやネットワークについて学びました。

講師がネットワークに詳しい人だったので非常に助かりました。

相談は無料なので興味のある方は、ぜひ参加してみてください。。

侍エンジニア塾を卒業したら社内SEになれた話

こちらも合わせてどうぞ

-プログラミング

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.