即書評

横スクロールゲーム:Shadow Blade(シャドウブレイド)の感想【AppStore】

Shadow Blade(シャドウブレイド)というAppStoreで販売されている横スクロールゲームが面白かったので紹介します。

ちなみに、私はShadow Bladeを7時間くらいプレイしています。

CHAPTER1を満点でクリアしたくらいです。

ハマれば20時間から30時間は楽しめそうなゲームです。

ハマらなければ10時間くらいでしょうか。

600円くらいで購入したゲーム(アプリ)なので割とコスパ良いと思います。

この記事の内容

  • Shadow Blade(シャドウブレイド)の面白いところ
  • Shadow Blade(シャドウブレイド)のもう一つなところ
  • Shadow Blade(シャドウブレイド)の攻略

Shadow Blade(シャドウブレイド)の面白いところ

箇条書きにするとこんな感じ。

  • シンプルな横スクロールゲーム
  • 一つ一つのステージが短い
  • 同じステージを何度も楽しめる要素がある
  • チュートリアルがある
  • 日本に対してリスペクトがある

シンプルな横スクロールゲーム

昭和生まれ、ファミコン育ちには馴染みやすい横スクロールゲームです。
操作もシンプルで、基本動作として進む、戻る、ジャンプ、敵を切るという感じです。
細かいことを言うと、二段ジャンプやジャンプ中に突っ込んでいく必殺技みたいなのもあります。

一つ一つのステージが短い


CHAPTER1では1ステージは1分前後でクリアするのが目安になっています。
CHAPTER2はまだ途中ですが、2分程度と長めになります。

また、死んでも変なアニメーションとかないのですぐにコンテニューできます。
しかも、セーブポイントみたいなのが頻繁にあるので、
「え〜!!またここからやり直しかよ!!」
っとなりにくいです。

同じステージでも何度も楽しめる要素がある

ただクリアする以外にも、光ってる星みたいな奴を全部集める。「黒」と言う謎のアイテムを集める。制限時間内にクリアするなどの楽しみ方があります。
これらの条件を満たすと手裏剣が3つもらえて成績優秀!みたいな感じになれます。

あまり優秀じゃないクリア画面(手裏剣が2つ)

優秀なクリア画面(手裏剣が3つ)

チュートリアルがある

英語ですが、最初のステージではチュートリアルがあります。

日本に対してリスペクトがある

効果音や音楽も日本っぽいです。
クリア画面の左下のラーメンもいい感じです。(湯気出てる。笑)

Shadow Blade(シャドウブレイド)のもう一つなところ

Shadow Blade(シャドウブレイド)のもう一つなところはたった一つです。

日本語未対応

まぁ、英語が登場するのは最初のチュートリアルくらいで、中学生でも読めそうな英語です。
なので大したマイナスポイントではないかなと。

ただ、まだ全クリしていませんが、エンディングとかも英語だったらちょっと寂しいですね。

Shadow Blade(シャドウブレイド)の攻略


まぁ、難しい要素はないゲームでなので攻略法はないです。

なので、やり込んでください。
って話なんですけど、下向きへの攻撃方法がわからずに苦労しました。

下を向いて氷(?)の床を壊さないと先に進められないステージもあるので必須スキルです。

チュートリアルが英語でどうやってやればいいのかわからにくかったのでやり方をシェアします。

と言っても簡単で、ジャンプして、ジャンプ中に下 + 攻撃ボタンです。

まとめ

まだもう少し、やりこみたいゲームなので新たな魅力や不満点、攻略方法などがわかれば追記していきます。

こちらも合わせてどうぞ

SteamとAppStoreのゲームを紹介→Macのおすすめゲームまとめ【2019年】

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top