副業

広告の目的は人に行動させること

投稿日:2019年1月21日 更新日:

「広告の目的は人に行動させること」
そう言い切るのは米国ダイレクトレスポンス広告界の第一人者:ドルー・エリック・ホイットマンです。

また、ドルーさんはこうも言い切っています。

「私たちが広告を出す理由はお金儲けのためだけ」
私はここまで言う勇気はありませんが、一流のコピーライターは自信満々にこう言うことを言いますね。

ドルーさんのテクニック満載の書籍をチェックする>>現代広告の心理技術101

広告は行動してもらってはじめて意味がある

  • 問い合わせが欲しい
  • 商品を購入し、購入金額を振り込んで欲しい

このような行動を消費者にしてもらえれば、広告の元は取れる。と、ドルーさんはおっしゃっています。

広告の目的:ポイント

広告はジャーナリズムでもニュースでもありません。
ジャーナリズムやニュースの目的はそれらの情報が正しい形で正しく伝わるか、正しい上に楽しめるかなどが重要になります。

広告はニュースやジャーナリズムとは全くの別物です。

広告の場合は情報が正しかったり、楽しかったりするだけでは不十分です。

つまり、広告の場合は、正しい情報を楽しく読まれるだけでは意味がないうことです。

「面白い広告だな」
「バナーに綺麗なタレントを使ってるな」
「かっこいいデザインだなー」
「面白い色使いをしている広告だな」

こんな感じで、評価されても意味がありません。

どんなにポジティブな印象を与えても、広告をそのままゴミ箱に入れられたら意味がありません。

ウェブサイトやブログの記事はゴミ箱に入れられませんが、ポジティブなイメージを持たれても、それだけでページを閉じられるようでは意味がないわけです。

それが広告なら、こちらがして欲しい行動を消費者にしてもらう必要があります。

消費者にして欲しい行動が、注文なら注文を、資料請求なら資料請求をしてもらう必要があるわけです。

あるいは、注文や資料請求をしたくなるような情報を求めてもらう必要があります。

広告は行動してもらってはじめて意味があるわけです。

私の言葉を信じてはいけない。この本で読んだことを信じてはいけないし、信じないのもいけない。
〜中略〜
ただ信じるだけでは、あなたの懐にお金は入ってこない。ただ信じるだけでは食卓に食べ物は並ばないし、身体に衣服はまとえない。車庫に新車も入れられない。
私はあなたに体験してほしいのだ。私がお話するテクニックを使って出てきた成果を。あなたのビジネスが成長し、預金残高が増えていくさまを体験してほしい。あなたに現金を手渡し、小切手を切り、クレジットカードで支払い、あなたのペイパル口座の金額を膨らませてくれる人の数が増え続けていくスリルを味わってほしい。
どのようにして?私がお教えする原則を実行に移すのである。
何を売る商売であろうと、この本はあなたを成功に導く一助となる。

現代広告の心理技術101より

この引用は、現代広告の心理技術101のはじめにより引用しました。

この記事は、現代広告の心理技術101のはじめにを要約し、感想を添えて書かれています。

ブログやアフィリエイト、マーケターなど広告に関わる人は一度読んでみてはいかがでしょうか?

購入はダイレクト出版からできます。

こちらも合わせてどうぞ

初心者向け!!収入を得られるブログの始め方
どのブログサービスか迷ったら稼いでいるブログ【34選】使用ブログも紹介
お得すぎて使わない理由がない!!Amazonプライムのメリット・デメリット

-副業

Copyright© 即書評 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.