即書評

SNSでシェアされるコンテンツの作り方の感想

【SNSでシェアされるコンテンツの作り方】は2018/3/20発売の株式会社グローバルリンクジャパン:清水将之さんの著書です。

私は、今までブログを作っては放置を繰り返していました。
ブログと一緒に放置されるのがSNSのアカウントです。。

今度こそ、ブログもSNSもちゃんとしたいと思い手に取った書籍です。

SNSでシェアされるコンテンツの作り方の感想・ポイント


CHAPTER1は、
「どこどこがこんな研究をして、結果こうだったのでこういうことが言えます。」
みたいな感じで客観的事実を元にSNSに関する情報・知識を提供してくれます。

CHAPTER2では、それらの情報を踏まえて、成功事例が多く紹介されています。

成功事例のURLなどもたくさん掲載されているので、実感しやすいCHAPTERです。

ただ、こう言う情報は古くなると更新されたり、使えなくなるものも多いので、本書の購入を検討されている方は早めに買ったほうがいいと思います。

これらの成功事例は数年後には古くなっている可能性もありますからね。

SNSでシェアされるコンテンツの作り方

SNSでシェアされるコンテンツの作り方

株式会社グローバルリンクジャパン/清水将之
発売日: 2018/03/20
Amazonの情報を掲載しています

SNSでシェアされるコンテンツの作り方を読んでで勉強になったところ


ここからは本書を読んで勉強になったところを紹介します。

シェアには5つの動機がある

シェアには5つの動機があります。

  • 他人を楽しませる要素があり、高い価値が認められているものを広めたい
  • 他者の中から自分を際立たせたい(自分をよりよく見せたい)
  • 個人的な関係構築に利用したい(同じ趣味・興味を持つ人との関係を構築したい)
  • 自己実現(世間とのより強い繋がりを感じたい)
  • 社会貢献(社会問題の解決や優れた理念を支援したい)

SNSに投稿する情報はこれらの動機が入っているか確認してからシェアすると結果が出そうですね。

シェアされても記事が読まれているとは限らない

コロンビア大学とFrench National Instituteの研究によると、シェアされても記事が読まれているとは限らないそうです。

コロンビア大学とFrench National Instituteが調べたところによると、シェアされたリンクのうち59%は一度もクリックされていないことがわかりました。

バズり出したら内容はそれほど重要じゃないと言えるかもしれませんね。
逆に言うと、タイトルやツイートの文章などは重要と言えます。

コピーライティングの3つの原則

コピーライティングの3つの原則が紹介されていました。
コピーライティングにはいろんなテクニックがありますが、本書にまとめられている内容は要点が簡潔にまとめられているので覚えやすいです。

  • 興味を惹きつける(自分のことだと読者に感じされること)
  • 具体例を提示する(あなたが持っている悩みは放っておくと良くない状況になることを具体例を持って示す)
  • 解決策を提示する(あなたの悩みを解決する商品・サービスを提示する)

文章構成は英語方式にする

コピーライティングではありませんが、スマホに読みやすい文章にするためには文章構成は英語方式にすると良いそうです。

よく言われる、結論を先にってやつですね。
〇〇です。なぜなら〜〜
と続けると言う感じです。

スマホは画面が小さいため、最後まで読むにはPCよりスクロールが必要になります。

そのため「ぱっと見」で、面白いとかためになるとかを判断してもらう必要があります。

SNSでシェアされるコンテンツの作り方の感想まとめ


SNSについて、記事の書き方、写真の撮り方、投稿する時間帯などなど、シェアされるコンテンツの作り方を幅広くカバーしている書籍です。
幅広くカバーしているのにまとまりがある良い書籍だと思いました。

ただ、ブロガー向きの内容というよりは、どちらかというと企業でのSNSの使い方という感じがしました。

とはいうもののブロガーにも使える知識・情報はあると思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

SNSでシェアされるコンテンツの作り方

SNSでシェアされるコンテンツの作り方

株式会社グローバルリンクジャパン/清水将之
発売日: 2018/03/20
Amazonの情報を掲載しています

こちらも合わせてどうぞ

初心者向け!!→収入を得られるブログの始め方
どのブログサービスか迷ったら→稼いでいるブログ【34選】使用ブログも紹介

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top