即書評

給料安い基準:いくらかを確認(遊び程度に)

給料が安いと知人に言われた経験があるかもしれませんが、給料が安い基準っていくらなんでしょうか?

この記事では、あなたの給料が安いのか、基準がいくらなのかを簡単に確認する方法を紹介します。

あくまで、遊び程度に基準を知る方法なので、その点はご了承ください。

とは言うものの、客観的なパラメータになると思います。

「給料が安いから会社を辞めたい」
「給料が安いから副業・転職がしたい」
「地方だから給料が安いのは仕方がない」
こんなことを感じている人はぜひご覧ください。

本当にあなたの給料は安いのか?


「こんな安月給の会社やってられるか!」
「同業他社の同級生はこんなにもらってるのに俺の給料安くね?」
「ヤンキーだったあいつがなぜあんなに給料をもらってる?」
そんなことを思うかもしれません。

私の周りでも自分の会社の給料が安いという人は多いと感じます。

そんな時は自身の市場価値を確認してみましょう。

自身の市場価値はMIIDAS(ミーダス)というサービスでゲーム感覚で確認できます。

ちなみに私の市場価値は666万円でした。
確認した時のことはこちらの記事で書いています。

自分の市場価値の診断結果は666万円でした。あなたの市場価値は?

うちの会社は、私に300万円くらいしか払ってくれていません。

この結果だけを見ると、私はかなり安く買い叩かれていることになりますね。

まぁ、あくまでアプリが導き出した基準なので参考程度にしておくことにします。

もし、比較対象となっている知人がいる場合は、その知人にもやってもらうと良いと思います。

あなたの市場価値と知人の市場価値を比較できますからね。

比較の結果、市場価値に差が出ていないのに、給料では差が出ていたら安く買い叩かれている可能性があると言えるかもしれません。

そう言う場合は、転職を考えて行動すると良いでしょう。

※1:ミーダスは本来は転職サイトです。本来は転職するために使うサイトですので、自分に合った転職情報を見ることができます。
※2:その情報を見るには会員登録が必要です。(会員登録は無料)

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top