即書評

『式の前日』(穂積著)の感想(ネタバレ無し)

『式の前日』(穂積著)は、2012/9/10発売の漫画です。

式の前日というタイトルですが、式の前日ではない話もあります。

そんなオムニバス短編集です。

目次はこんな感じです。

  • 『式の前日』
  • 『あずさ2号で再開』
  • 『モノクロ兄弟』
  • 『夢見るかかし(前編)』
  • 『夢見るかかし(後編)』
  • 『10月の箱庭』
  • 『それから』

※:『式の前日』を買おうか迷っている人は絶対にネタバレは見ない方が良いです。オチがわかったら面白さ半減以下です!

『式の前日』(穂積著)の感想


基本的には感動するしオススメしたい漫画です。

しかし、感想を書きにくいんですよね・・・・
どうおすすめしていいのかもわからない・・・・

その理由はネタバレ、先入観なしで読んで欲しいからです。

オチがわかったり、先入観ありで読んでも面白くないと思います。(いや、面白いとは思うけど面白さ半減以下やね)

読了後の感想としては、以前紹介した『旅する缶コーヒー』(マキヒロチ著)に似ています。

ただ、本書の方が現実離れ(ファンタジー)してる感じです。

シックスセンスを見た時のような、
「そういうことなの?!」
みたいなお話が多いです。(シックスセンス見ていない人すみません)

他の人の感想を見ると
「泣ける!」
みたいなのが多いですが、私は泣くことはありませんでした。

それは多分、

  • 女兄弟もいないし
  • 双子の兄弟もいないし
  • 猫も飼っていない
  • 兄弟の誰かが、結婚した経験もない

からだと思います。

これらの条件に当てはまる人がいたら共感できる部分があり、泣けるのかな??
と思います。

『式の前日』(穂積著)の感想まとめ

私はオムニバス短編集を読むのは2回目です。

私が今まで読んでいた多くの漫画は、金髪のヤンキーが出てくるとか、怒ったら金髪になるやつが出てくるとか、そういう系の漫画です。

「すぐオチがあっていいよね」
「そろそろ、オチくる感いいよね」
って感じです。

「こういうオチやろ?んん?」
って思いながら読むのが楽しかったです。

で、自分の予想が当たったら
「ほらな!」
って感じで嬉しいし、
外れたら
「そうきたか!」
って感じで嬉しいです。
そう、どっちでも嬉しいんです。

『旅する缶コーヒー』(マキヒロチ著)の感想【ちょっとだけネタバレ】より

オムニバス短編集のオチがくる感じにハマりつつあります。
オチのドヤ感は『旅する缶コーヒー』より『式の前日』の方が強いと感じます。

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top