即書評

外来魚のレシピの感想:ティラピアだけ食べてみたい

【外来魚のレシピ: 捕って、さばいて、食ってみた】は2014/9/12発売の平坂寛さんの著書です。

新しい趣味ほしいなー

どうせ始めるならブログのネタになるやつがいいなー

釣りとかどうかなー

普通にバス釣りとかしてもライバル多そうやなー

外来魚釣りまくるのとかどうやろー、しかも食ったりしたらおもろいんちゃうん

やってるやつ、もうおったわ(しかも何年も前から・・・)←イマココ

そんな管理人です・・・・

外来魚のレシピの感想・ポイント


本書のタイトルに『外来魚のレシピ』ってありますけど、魚以外のレシピも紹介されています。

本書に出てくる生き物たちは、

  • オオクチバス(ブラックバス)
  • ブルーギル
  • チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)
  • タウナギ
  • カムルチー(ライギョ)
  • ハクレン
  • ソウギョ
  • カミツキガメ
  • マダラロリカリア(プレコ)
  • モザンビークティラピア(カワスズメ・イズミダイ)
  • アリゲーターガー
  • カワヒバリガイ
  • アフリカマイマイ
  • ウォーキングキャットフィッシュ

です。

兄が釣り好きで、父が板前な管理人です。(父は十年以上前に他界しましたが・・・・)

管理人自身は釣りも料理もしませんが、熱帯魚を飼っていたことがあります。(なのでプレコやアリゲーターガーは馴染み深い)

そんな私なんで、兄が釣ったブラックバスを父が刺身にして食べたことがあるんです。
味は、普通に美味しかったです。

著者の記事を見ると道頓堀のブラックバスの味は微妙みたいですね・・・
道頓堀で釣れたブラックバスは美味しいのか|デイリーポータルZ

私が食べたブラックバスは、父の腕がよかったのと、新鮮で水が綺麗なところで釣ったブラックバスっだったので美味しかったのだと思います。(でも、あんまり生で食べるのはおすすめできません)

ティラピアはあり。むしろ食べてみたい

本書を読んで
「え?ティラピアって日本にいるの?!」
って驚きました。

ほとんどの人に取って
「ティラピアってなんやねん?」
ってことだと思うんですけど、私はティラピアに興味があります。

なぜ、ティラピアに興味があるのかというと、有名筋トレユーチューバーの一人、カネキンさんの動画でティラピアがヘルシーな魚として紹介されていたからです。(1:37ごろ)

カネキンさん曰く
「(ティラピアは)海外のボディービルダーたちの定番の魚。サーモンも結構食べるが、サーモンは脂質が入っているので大会前はサーモンをやめてティラピアにする。味はタラに似ている。タラみたいに臭みがなく美味しく、マクロも最高。」
とのことです。

日本でも注目されつつあるティラピア

ティラピア、別名イズミダイ。
日本人的には
「鯛に似ているよ!」
って感じで売っていきたいみたいです。

カネキンさんはコストコで購入されていますが、イオンでは取り扱いを開始したようです。

イオンが発売するお値打ちでマダイそっくりな新魚種|ITmedia

尚、著者は沖縄ではティラピアは釣れ放題と紹介されています。

那覇市のど真ん中を流れる都市型河川に群れているかと思えば、原生林に囲まれた清流にまで姿を見せる。沖縄の川や池を覗くと最も高確率で目にする羽目になるのがこのティラピアなのだ。

アフリカから来た「泉の鯛」!?「ティラピア」を食べる|デイリーポータルZより

高水温にも負けないし、酸欠にも強い。挙句の果ては海水の二倍という濃さの塩水にすら適応できると言うから驚きである。現にオーストラリアなどではサンゴ礁にまでティラピアが住み着いているらしい。

アフリカから来た「泉の鯛」!?「ティラピア」を食べる|デイリーポータルZより

ティラピアはそこそこあったかい水があれば、越冬できるみたいです。(そんな簡単に釣れるのなら、沖縄でティラピア釣りまくってたら食費減らせるんじゃない?と安易に考えてしまう管理人)

ちなみに、日本一の湖、琵琶湖でも繁殖しているかもしれないみたい・・・・
琵琶湖に外来魚繁殖か/ナイルテラピア新たに9匹|四国新聞社(10年前の記事なので現在はどうなっているのか不明ですが・・・・)

外来魚のレシピの感想まとめ

ブログだとカラーで魚の写真を見ることができるので臨場感を得やすいです。
なので、著者の記事一覧を紹介しておきます。
平坂 寛 (ひらさか ひろし)さんの記事一覧|デイリーポータルZ

書籍はまとまっていて読みやすかったですが、ブログだけで十分なような気もします・・・

スポンサードリンク
フォローしていただけると喜びます。
Return Top